パナソニック、ワイヤレスステレオインサイドホン『EAH-AZ40』発売へ。日常的な使いやすさと装着性を重視

ニュース

■パナソニックは10月15日、ワイヤレスステレオインサイドホン『EAH-AZ40』を発売する。価格は、約15,000円。

■『EAH-AZ40』は、コンパクトで質感に優れたデザインに加えて人間工学に基づいた安定した装着性を実現。また、自分の声をクリアに相手に届ける独自の通話音声処理技術「JustMyVoice」テクノロジーにより、外出先での通話やオンライン会議での利便性を高め、さまざまなシーンにおける通話音質を向上させた。

■カラー展開はローズゴールド、ブラック、シルバーの3色。イヤホン本体と充電ケースは同色で揃えるデザイン。

■今回、小型化を実現するため、独自の音響構造を備えた新開発の一体型ドライバーを搭載した。ドライバーの内部に空間を設け、ドライバーの空気の流れを精密にコントロールする「アコースティックコントロールチャンバー」を採用し、低音域やボーカル帯域の帯域バランスを整えて、力強い低域とリアルなボーカルを再現する。

■風切り音対策として、周囲の音や発話者の声を拾う2つの通話用マイクに風切り音を低減する構造を採用した。2か所のマイクの開口部は金属メッシュを配置することで風の入り込む量を制限し、風切り音による不快なノイズの発生が低減される。

■イヤホン本体の再生時間は約7.5時間。イヤホン本体と充電ケース含めると約25時間。

■重さは、イヤホン:約5g(片側のみ:LR同値)、充電ケース:約30g。

■Bluetoothのバージョンは、Ver.5.2。

■上位モデルの『EAH-AZ60』は約28,000円。『EAH-AZ40』との主な違いは、ノイズキャンセリング機能やより高音質な音楽が楽しめる(LDAC対応)点、重さ(片側約7g、充電ケース:約45g)、カラーバリエーション(ブラック、シルバーの2色展開)など。