2021年に開催する主なロックフェス >>>

「ACIDMAN(アシッドマン)」と名曲15選

アーティストクリップ

ACIDMANとは?
ACIDMAN(アシッドマン)は、大木伸夫(オオキ・ノブオ)、佐藤雅俊(サトウ・マサトシ)、浦山一悟 (ウラヤマ・イチゴ)からなる3ピースバンド。大木はギターとボーカル、佐藤はベースとコーラス、浦山はドラムスとコーラスを担当する。1997年の結成当時は4人組であったが、1999年に1名が脱退し、それ以降は3ピースで活動している。2013年6月には自身による事務所「FREESTAR」を立ち上げた。

配信シングル『Rebirth』、2020年9月4日リリース

ACIDMANメモ
ACIDMANの特徴は3ピースバンドとは思えないほどの重層的なサウンドと叙情的な歌詞である。また楽曲だけでなく、映像(ミュージックビデオ)の完成度も高く、あらゆる表現において一切合切妥協がない。既存曲のアレンジ曲である「Second line」が収録されたコンセプトアルバム「Second line & Acoustic collection」(2011年発売)、「Second line & Acoustic collection II」(2015年発売)も名盤である。

[pickup]ACIDMANのオススメ曲

■「ドライドアウト」
■「colors of the wind」
■「FREE STAR」
■「酸化空」
■「NO.6」
■「イコール」
■「CARVE WITH THE SENSE」
■「Who are you?」
■「your soul」
■「ある証明」
■「Your Song」
■「プラタナス」
■「アルケミスト」
■「Dawn Chorus」
■「ユートピア」

ACIDMAN公式ホームページ/ニュース

タイトルとURLをコピーしました