GWの注目フェス「VIVA LA ROCK(ビバラロック)」と「JAPAN JAM(ジャパンジャム)」、比較と見所

コラム

■毎年、ゴールデンウィークに開催の「VIVA LA ROCK(ビバラロック)」「JAPAN JAM(ジャパンジャム)」は、どちらも複数日程で実施され、何万人もの音楽ファンを集客するビッグイベントだ。2020年は新型コロナウイルスの影響で開催を断念したが、2021年はどちらも感染症対策を徹底し、開催を予定している。ビバラロックは5月1日(土)から5日(水)までの5日間、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で開催される。ジャパンジャムは5月2日(日)から5日(水)までの4日間、蘇我スポーツ公園(千葉市)で開催される。

■2つのイベントの出演アーティストの傾向は非常に近く、日程をずらし、どちらにも出演するアーティストも多い。開催地が比較的近いこともあり、参加者側の悩みどころでもある。なお、ビバラロックの主催は雑誌「MUSICA」を発行するFACT、ジャパンジャムの企画制作はロッキング・オン・ジャパン。

VIVA LA ROCK(ビバラロック)2021JAPAN JAM(ジャパンジャム)2021
5月1日〜5日(5日間)開催日程5月2日〜5日(4日間)
さいたまスーパーアリーナ(屋内)会場蘇我スポーツ公園(屋外)
2014年初開催2010年
FACT・DISK GARAGE主催bayfm
10,000円(1DAY)チケット料金11,000円(1DAY)
82,000人(4日間合計)
*屋外フリーエリアの来場者を含めると163,600人
前回の動員数
(2019年)
111,182名(3日間合計)

■今年の出演アーティストは以下の通り。

ビバラロックのみ出演両方に出演ジャパンジャムのみ出演
ACIDMAN
(アシッドマン)
04 Limited Sazabys
(フォー・リミテッド・サザビーズ)
[Alexandros]
(アレキサンドロス)
BBHF
(ビービーエイチエフ)
10-FEET
(テンフィート)
9mm Parabellum Bullet
(キューミリ・パラベラム・バレット)
Nothing’s Carved In Stone
(ナッシングス・カーヴド・イン・ストーン)
Awesome City Club
(オーサムシティークラブ)
androp
(アンドロップ)
Dizzy Sunfist
(ディジー・サンフィスト)
Base Ball Bear
(ベースボールベアー)
ASIAN KUNG-FU GENERATION
(アジアン・カンフー・ジェネレーション)
Dragon Ash
(ドラゴンアッシュ)
BIGMAMA
(ビッグママ)
BiSH
(ビッシュ)
FOMARE
(フォマレ)
BLUE ENCOUNT
(ブルーエンカウント)
coldrain
(コールドレイン)
Hakubi
(ハクビ)
Creepy Nuts
(クリーピーナッツ)
Fear, and Loathing in Las Vegas
(フィアー・アンド・ロージング・イン・ラスベガス)
King Gnu
(キングヌー)
HEY-SMITH
(ヘイスミス)
go!go!vanillas
(ゴーゴーバニラズ)
Kroi
(クロイ)
indigo la End
(インディゴ・ラ・エンド)
Hump Back
(ハンプバック)
KUZIRA
(クジラ)
KANA-BOON
(カナブーン)
HY
(エイチワイ)
LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS
(ロー・アイキュー・イチ)
KEYTALK
(キートーク)
miwa
(ミワ)
Maki
(マキ)
Novelbright
(ノーベルブライト)
Nulbarich
(ナルバリッチ)
MONOEYES
(モノアイズ)
ROTTENGRAFFTY
(ロットングラフティー)
OKAMOTO’S
(オカモトズ)
My Hair is Bad
(マイヘアーイズバッド)
Saucy Dog
(サウシードッグ )
PEDRO
(ペドロ)
ORANGE RANGE
(オレンジレンジ)
sumika
(スミカ)
Poppin’Party
(ポッピンパーティ)
ORIGINAL LOVE
(オリジナル・ラブ)
SUPER BEAVER
(スーパービーバー)
RAISE A SUILEN
(レイズ・ア・スイレン)
Panorama Panama Town
(パノラマパナマタウン)
THE ORAL CIGARETTES
(ジ・オーラル・シガレッツ)
SCANDAL
(スキャンダル)
SHISHAMO
(シシャモ)
UVERworld
(ウーバーワールド)
SHE’S
(シーズ)
SiM
(シム)
アイナ・ジ・エンドSILENT SIREN
(サイレントサイレン)
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
(スパークサウンドショウ)
キュウソネコカミTHE BAWDIES
(ザ・ボゥディーズ)
TENDRE
(テンダー)
クリープハイプTOTALFAT
(トータルファット)
teto
(テト)
ネクライトーキーVaundy
(バウンディ)
TETORA
(テトラ)
ハルカミライWANDS
(ワンズ)
the telephones
(ザ・テレフォンズ)
フレデリックyama
(ヤマ)
UNISON SQUARE GARDEN
(ユニゾン・スクエア・ガーデン)
マカロニえんぴつyonige
(ヨニゲ)
VIVA LA J-ROCK ANTHEMS
<Ba:亀田誠治/Gt:加藤隆志/Dr:ピエール中野>
マキシマム ザ ホルモンおいしくるメロンパン
WOMCADOLE
(ウォンカドーレ)
ヤバイTシャツ屋さんきゃりーぱみゅぱみゅ
XIIX
(テントゥエンティ)
秋山黄色
(アキヤマキイロ)
ゲスの極み乙女。
インナージャーニー打首獄門同好会
(ウチクビゴクモンドウコウカイ)
さユり
オメでたい頭でなにより東京スカパラダイスオーケストラサンボマスター
オレンジスパイニクラブスキマスイッチ
コレサワストレイテナー
コロナナモレモモ
(マキシマム ザ ホルモン2号店)
ビッケブランカ
スガ シカオフジファブリック
セックスマシーン!!ポルカドットスティングレイ
ニガミ17才感覚ピエロ
にしな宮本浩次
(ミヤモトヒロジ)
バックドロップシンデレラ四星球
(スーシンチュウ)
ハンブレッダーズ女王蜂
(ジョオウバチ)
レキシ中島美嘉
(ナカシマミカ)
小林私
(コバヤシワタシ)
夜の本気ダンス
神はサイコロを振らない優里
(ユウリ)
大森靖子
(オオモリセイコ)
緑黄色社会
(リョクオウショクシャカイ)
藤井 風
(フジイカゼ)